世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識(神話、宗教、歴史など)も併せて載せていきます※たまに、問題を載せていますが、基礎的な部分を確認するためだけのもので、とりわけ世界遺産検定を意識したものではありません。

世界遺産 セネガンビアのストーン・サークル遺跡群

世界遺産 セネガンビアのストーン・サークル遺跡群
登録年 2006年

 

〇キーワード
ストーン・サークル
石工技術

 

〇概要
・ アフリカ西部のガンビア川沿いに点在するストーン・サークルを中心とする遺跡群
・一つのストーン・サークルは、8~14本の石柱からなる
・石柱は、鉄器でほぼ完全な円筒形や多角形に削られている→高い石工技術
・ストーン・サークル周辺には、多数の墳墓
・この地で行われてきた埋葬習慣を解明するのに貴重な遺跡

 

(注)
セネガンビア
西アフリカのセネガルガンビアからなる地域

 

〇+アルファ
ストーン・サークル
環状に石を配置させた古代遺跡
・「環状列石」とも言われる
・日本にも存在(小樽の忍路環状列石や岩手県の釜石環状列石など)
・イギリスの「ストーン・ヘンジ」も世界遺産に登録されている

 

(問題)

 

・「セネガンビアのストーン・サークル遺跡群」は、(1)(国名)と(2)(国名)にまたがる世界遺産である

 

・「ストーン・サークル」は、(3)とも呼ばれる

 

(解答)
(1)、(2)セネガルガンビア
(2)環状列石

 

〇登録基準
(ⅰ)人間の創造的才能を表す傑作である

(ⅲ)現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である