世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識(神話、宗教、歴史など)も併せて載せていきます※たまに、問題を載せていますが、基礎的な部分を確認するためだけのもので、とりわけ世界遺産検定を意識したものではありません。

世界遺産 ロック・アイランドの南部ラグーン

世界遺産 ロック・アイランドの南部ラグーン
登録年  2012年

 

〇キーワード
火山活動
ジェリー・フィッシュ・レイク
生物多様性

 

〇概要
ミクロネシアに位置する
・火山活動によりつくられた島とサンゴ礁からなる
・現在は無人島であるが、かつては人が住んでおり集落跡や壁画が残っている
・植物、鳥類、海洋生物の多様性が認められている
 
(注)
複合遺産文化遺産と自然遺産の両方の価値を有する遺産
ミクロネシア…「小さな島々」という意味、概ね北太平洋の西側を指す

 

(問題)

 

・「ロック・アイランドの南部ラグーン」は、(1)(国名)にある世界遺産である

 

・「ロック・アイランドの南部ラグーン」には、毒性の低いタコクラゲが生息している(2)がある

 

(解答)
(1)パラオ
(2)ジェリー・フィッシュ・レイク