世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識(神話、宗教、歴史など)も併せて載せていきます※たまに、問題を載せていますが、基礎的な部分を確認するためだけのもので、とりわけ世界遺産検定を意識したものではありません。

世界遺産 タスマニア原生地帯

世界遺産 タスマニア原生地帯
登録年  1982年(2010年,2012年、2013年に範囲変更、1989年に範囲拡大)

 

〇キーワード
複合遺産
ゴンドワナ大陸
タスマニアアボリジニ
ステンシル
タスマニアデビル

 

〇概要
・オーストラリアの南に位置するタスマニア島
・かつてはゴンドワナ大陸の一部だった
・かつてはタスマニアアボリジニが生活しており、ステンシルという技法で描かれた岩面画が残る
絶滅危惧種タスマニアデビルが生息する

 

(注)
複合遺産文化遺産と自然遺産の両方の価値を有する遺産
ステンシル…紙や金属板を切り抜き、その穴の部分から絵の具などを紙につける技法

 

(問題)

 

・「タスマニア原生地帯」は、かつて(1)大陸の一部だった

 

・「タスマニア原生地帯」には、(2)という技法で描かれた岩面画が残る

 

(解答)
(1)ゴンドワナ大陸
(2)ステンシル