世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識(神話、宗教、歴史など)も併せて載せていきます※たまに、問題を載せていますが、基礎的な部分を確認するためだけのもので、とりわけ世界遺産検定を意識したものではありません。

世界遺産 ミケーネとティリンスの考古遺跡

ミケーネとティリンスの考古遺跡
登録年 1999年

 

〇キーワード
ミケーネ
シュリーマン
トロイア戦争
アガメムノン
ホメロス

 

〇概要
シュリーマンにより発見される
アガメムノンの居城
ホメロスの着想の元になったとされる


〇+アルファ
 ホメロスは、ギリシア最古の文学作品『イリアス』と『オデュッセイア』を残した。『イリアス』は、トロイア戦争ギリシア軍がトロイアを責める最後の約50日を描いたものである。シュリーマンはそれらの作品の一説を信じ発掘を行った。