世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識も併せて載せていきます。

世界遺産 白神山地

世界遺産 白神山地
登録年 1993年

〇キーワード
ブナ
極相林
ニホンカモシカ
アオモリマンテマ
イヌワシ
クマゲラ
最終氷期

 
〇概要
ブナ林の成長が分かる点が評価された。厳しい環境のため人がほとんど入り込むことがなかったため、天然林がほぼそのままの形で現在も残っている。
秋田県青森県にまたがる白神山地には約170k㎡のブナ原生林が広がっており、その純度の高さや、すぐれた原生状態、多様な動植物相から、氷河期以降の新しいブナ林として東アジアにおける代表的なものとなっている。天然記念物のクマゲライヌワシ特別天然記念物ニホンカモシカなど多くの野生動物が生息している。白神山地には多様な動植物が生息しているため、動植物のサンクチュアリとよばれる。
 
〇地形
先ほども記述した通り、白神山地の環境は厳しい。深い谷が複雑にいる組んでおり、急な傾斜が多い。それは土地の隆起のスピードが速いことによる。また、白神山地周辺は豪雪地帯でもあるため地滑りも頻繁に起こる。

〇動植物相
 固有種のアオモリマンテマを含め、希少な植物が多く生息している。オガタキイチゴツナギは、現在も進化中であり、進化のプロセスを知る上で貴重な種である。
 特別天然記念物ニホンカモシカをはじめ、天然記念物のクマゲラや同じく天然記念物のイヌワシ、など多くの野生動物が生息している。
  
〇ブナ原生林

ブナ林自体は珍しいものではないが、白神山地ほど多様性が残っているのは稀である。最終氷期のときにも、氷河に覆われることがなかったため、ブナ林の発達に影響は少なかった。また、他のブナ林では放牧や新炭材の採集が行われていたため、白神山地に比べ植生は乏しい。
 
〇筆者の一言
 天然記念物を含む多くの、動植物が生息するこの遺産は日本の宝である。厳しい環境で人間が手を付けられなかったため、図らずもアメリカの環境保護の考えであるウィルダネスに通じるものが感じられる。これからも我々は、この遺産には、研究など必要最低限な場合を除き、いい意味で放っておけばいいのではないだろうか?