世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識(神話、宗教、歴史など)も併せて載せていきます※たまに、問題を載せていますが、基礎的な部分を確認するためだけのもので、とりわけ世界遺産検定を意識したものではありません。

世界遺産 富岡製糸場と絹産業遺産群

世界遺産 富岡製糸場と絹産業遺産群
登録年 2014年

 

〇概要
 19世紀後半から20世紀にかけての技術交流と技術革新を物語る産業遺産。質の高い生糸の大量生産し日本の近代化に大きく貢献した。富岡製糸場は和洋折衷の建造物であり、日本の木造の柱に西洋のレンガが組み合わせれている。富岡製糸場田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴の4つの資産が世界遺産に登録されている。

〇歴史
 中国から伝えられて以来、日本では伝統的に生糸の生産が行われてきた。江戸時代には、海外に輸出されるようになっていたが、徳川幕府鎖国政策で技術の近代化が遅れていたため、生産が需要拡大に追いつくことができていなかった。明治政府は、西洋の列強と対等な立場を築くため、「富国強兵・殖産興業」の政策を掲げ、そのひとつとして生糸の輸出拡大を図った。フランスから技術者ポール・ブリゥナを招き、1872年群馬県に日本初の官営工場である富岡製糸場を建てた。富岡製糸場の労働者は習得した技術を日本各地に広げた。1893年富岡製糸場は三井家に払い下げられた。その後も別の民間業者に引き継がれたが化学繊維の台頭に伴い1987年に操業停止となった。

〇構成資産
富岡製糸場
 1872年、明治政府により完成。当時とほぼ同じ姿で今も残っている。建物は和洋折衷で、屋根にはトラス構造がみられる。日本の製糸技術を世界レベルに引き上げた。


田島弥平旧宅
 清涼育という蚕の飼育法を確立した田島弥平により建造された。喚起のため、越し屋根の構造になっている。

 

高山社跡
 清温育という蚕の飼育法を確立した高山長五郎の生家。清温育は日本の標準養蚕法となった。

荒船風穴
 国内最大規模の蚕種の貯蔵庫。年に複数回の養蚕を可能にし、生産の向上に貢献した。