世界遺産

世界遺産検定1級持っています。1級の勉強のために作ったノートを順次公開していきます。検定の範囲だけでなく世界遺産の周辺知識(神話、宗教、歴史など)も併せて載せていきます※たまに、問題を載せていますが、基礎的な部分を確認するためだけのもので、とりわけ世界遺産検定を意識したものではありません。

世界遺産 法隆寺地域の仏教建造物群

世界遺産 法隆寺地域の仏教建造物

登録年 1993年

 

概要

7世紀から8世紀にかけて建てられた法隆寺地域の建造物は、存する世界最古の木造建築物であり、中国との技術や文化の面での交流があったことも伝える遺跡である一方、中国・朝鮮にも残存しない初期の仏教木造建築の様式を残している。一部の建物の柱には、中央部を膨らませたエンタシスという構造を持っている。法隆寺は日本の仏教文化の宝庫で、寺に伝わる文化財のうち約200点が国宝、重要文化財の指定を受けている。

 

歴史

 法隆寺地域の最初の仏教寺院は、607年に聖徳太子によって築かれた若草伽藍である。その後670年に焼失するがその遺構は現在も残る。法隆寺西院の起源とされているのは、7世紀後半から8世紀前半に若草伽藍から移して再建された寺院である。一方、法隆寺東院の起源は聖徳太子の死後、その霊を祀るために建設された伽藍とされる。

 法起寺の起源は、聖徳太子の子息であった山背大兄王が建てた寺院である。その後の戦乱で大部分が消失したため現在も当時の姿のまま残るのは三重塔のみである。

 建設以来、一帯の寺院は天皇家により保護された。その後、一般の人からも信仰を集めるようになり、時の権力者による保護なされてきた。

 

構成資産

法隆寺 

西院伽藍

 東に金堂、西に五重塔が並んでいる。この配置は法隆寺式伽藍配置と呼ばれる。金堂や五重塔には雲形組物と呼ばれる装飾が施されているがこれは中国においてもみられるものである。五重塔は世界最古の木造の塔である。

東院伽藍

 8世紀前半に建設された伽藍。夢殿を本堂とする。これは、八柱造りと呼ばれる建築様式が用いられている。夢殿の救世観音立像聖徳太子と等身と伝えられている。

 

法起寺

 現在は法隆寺を総本山とする聖徳宗の寺院のひとつである。境内にある三重塔は約24mの高さを誇り、三重塔では日本最古かつ最大規模である。